基地のセールスポイント 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

トップページ > 基地のセールスポイント

基地のセールスポイント

1 税関の設置と指定保税地域

  昭和46(1971)年からコンテナ基地内に設置されて いる名古屋税関清水税関支署浜松出張所では、煩雑な輸出入貨物の税関手続きに関する相談に応じているほか、輸出入貨物の取締り、保税地域の許可・取締り、 関税の徴収などの業務が行われています。    また、同年、コンテナ基地は国際貿易港と同様に「指定保税地域」に指定されました。ここで海上輸送コンテナにバン 詰めされた輸出貨物は清水港等から海外へ、バン詰めを解かれた輸入貨物は県西部地域の事業所等へ運ばれています。


(税関)

2 港湾施設の認定と豪州海運同盟ターミナル・ステイタスの指定

  昭和48(1973)年、コンテナ基地は、国(運輸大臣)より港湾施設 の認定を受けるとともに、翌49(1974)年から、豪州海運同盟ターミナル・ステイタスの指定を受けています。
(清 水港のコンテナ船)
(1) 指定保税地域の指定                  昭和46(1973)年 6月
(2) 港湾施設の認定                    昭和48(1973)年 6月
(3) 豪州海運同盟ターミナル・ステータスの指定    昭和49(1974)年10月



3 基地の利便性

  昭和46年、清水港の補完的施設とし供用を開始した基地は、隣接する東名高速道路や国道1号線等を使って清水港、御前崎港等の他、県内外の港湾と結ばれ、工業製品から食料品や雑貨などあらゆる商品を安全・迅速に輸出入することが可能です。


(基地正面ゲート)





4 震災対策


(CFS1号棟耐震補強工事)
コンテナ基地は、海岸線から約12km離れた内陸部(南海トラフ巨大地震レベル2の津波浸水区域外)に立地し、平成25(2013)年に耐震補強工事が完了しています。


新着情報

トラックスケールの点検・検査のお知らせ

年1回トラックスケールの機械の状況を調査しています。また、隔年で計量士による定期検査を実施しています。

管理棟・CFS1号管理棟の定期清掃のお知らせ

年2回6月と12月に日常清掃とは別に定期清掃を実施しています。

シャッター保守点検のお知らせ

倉庫利用者の安全性・信頼性を高めるうえで年1回5月から6月にかけて保守点検を実施しています。

お問い合わせ

TELTEL053-421-2301
公益財団法人 静岡県コンテナ輸送振興協会
住所:
浜松市東区流通元町
5-1
詳細はこちら